TOP > お知らせ > 酒造組合

お知らせ

10周年を記念して22日・23日の2日間、前夜祭イベントが開催されます(終了)

2015.10.16. | 酒造組合

目印のバナーです

今年は10周年という節目を迎え、更にお祭りを盛り上げる企画といたしまして10月22日(木)と10月23日(金)の2日間に楽しい前夜祭イベントを開催いたします。

この前夜祭は、新潟県酒造組合上越支部が企画したもので、今回は初めて『謙信酒鍋』というメニューを開発し、上越市内のご協力を頂いた飲食店で『謙信酒鍋』が振る舞われます。
この前夜祭には、最近人気急上昇の上杉おもてなし武将隊も出陣していただき盛り上げていただきます。

詳しい情報は、本サイトの各ページの右側にある「謙信酒鍋」のバナーをクリックしていただきご覧いただきたいと思います。

なお、SAKEまつり当日も会場内の専用ブースで『謙信酒鍋』が登場いたしますので、是非お出掛け下さい。

まつりSAKE「車懸(くるまがかり/KURUMAGAKARI)」販売のお知らせ(終了)

2015.10.05. | 酒造組合

まつりSAKE「車懸(KURUMAGAKARI)」

10周年記念の試飲グラス
(裏面・中面・表面)

お祭り当日に販売する「まつりSAKE」は、10周年を記念してラベルデザインを刷新し、新たに商品名を「車懸(くるまがかり/KURUMAGAKARI)」と銘名されました。

今年の「まつりSAKE」は武蔵野酒造が担当し、丹精込めて作り上げられたお酒を瓶詰した後に、10月16日(金)に各蔵元が協力してラベル貼り作業を行い完成の見込です。

【車懸(くるまがかり/KURUMAGAKARI)の由来】
 謙信公の戦術の名に由来。「車懸」とは、車輪上の陣形に部隊を配置し、各部隊が順番に一撃離脱を繰り返すことで、常に新手の味方戦力が交戦し敵方に消耗を強いる戦術とされています。近世期の軍学書の中で捜索された架空の戦術とする説が現在では有力なようですが、野戦での強さを誇った謙信公を彩る伝説の1つとして面白く、また毎年担当蔵が交替して仕込みを行う「まつりSAKE」の性格を示す名称としても相応しいと考え、命名されたものです。

【販売時期】
まつりSAKE「車懸(KURUMAGAKARI)」は1本1,600円(税込)で約750本の限定販売です。
なお、販売はまつり当日の会場内のみでの限定販売となりますので、お早めにお求めください。

まつり酒のラベル貼りが行われました

2014.10.08. | 酒造組合

今年のまつり酒は、竹田酒造で各蔵の杜氏が協力し仕込み、先日瓶詰めの後にラベル貼り作業が行われました。

まつり酒は、限定750本の販売となります。
1本720ml入りで価格は1,600円(税込)です。
販売は、まつり当日(25日、26日)のみですので是非お買い求めください。
 ※毎年、人気商品のため売り切れの場合はご容赦ください

今年も昨年にも劣らない、とても美味しいお酒ができましたので、お楽しみにしてください。

糸魚川市の2つの蔵元も出店が決まりました

2014.10.08. | 酒造組合

今年も糸魚川市の2つの蔵元がSAKEまつりに出店することが決定いたしました。

出店される蔵元は、池田屋酒造様 清酒「謙信」、猪又酒造様 清酒「月不見の池」です。

この2つの蔵元でも試飲ができますので、是非お楽しみ下さい。

※10/16 お知らせの内容を修正いたしました。
 当初、3つの蔵元「田原酒造様」、「池田屋酒造様」、「猪又酒造様」とありましたが
 2つ蔵元「池田屋酒造様」「猪又酒造様」となりました。

地酒を買って、SAKEまつり試飲券や素敵な商品をゲットするキャンペーンのお知らせ(終了)

2014.10.08. | 酒造組合

高田税務署管内小売酒販組合では、上越市、妙高市内の約200件の酒屋さんで『地産地酒推奨キャンペーン』を実施しています。

くじの付いたお酒を購入し、当たりが出るとSAKEまつりの試飲グラス交換券がもらえます。

残念ながらハズレくじを引いた方でも、3枚集めてSAKEまつりの当日に会場内でガラポン抽選をして、素敵な商品をゲットしてください。

期間は10月1日から10月24日(SAKEまつり前日)までで、目印は右のポスターやのぼりが掲げられているお店でお求めいただけます。

美味しい地酒を買って、さらにさらにSAKEまつりの試飲券をゲットしてSAKEまつりを楽しんでください。

お問い合わせは、高田税務署管内小売酒販組合まで
 電話番号 025-522-2144

SAKEまつりに出店した蔵元が第84回関東信越国税局酒類鑑評会で受賞しました

2013.11.15. | 酒造組合

「発酵のまち上越」ののぼり旗と開会式を盛り上げてくれた保倉川太鼓の演奏

上越市・妙高市のSAKEまつり出店蔵元の銘柄ラベル

今年の秋は短かった~、なんて声も多く聞かれますが12日から降り始めた雪も妙高市赤倉では30cm位の積雪があったようです。
例年より早い雪に地元でも困惑気味。。。
でも寒い冬には、「やっぱり熱燗だね」なんて方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

さて先日、日本酒好きの皆様には既に報道等でご存じの方もいらっしゃると思いますが、このほど開かれた第84回関東信越国税局酒類鑑評会に新潟、長野、茨城、栃木、群馬、埼玉の6県211場が出品し出来を競いました。
純米酒には192点がエントリーし優秀賞に選ばれたのが20場、吟醸酒には200点がエントリーして21場が優秀賞に輝きました。

そんな中、SAKEまつりに出展した蔵元が純米酒の部で優秀賞が5蔵元、そして吟醸酒の部では6蔵元が栄光を掴みました。
さらには純米酒と吟醸酒のダブル受賞した蔵元が3場もあり、古くから日本酒文化が育まれて来たこの地の栄誉でもあります。

残念ながら受賞できなかった蔵元も僅差ではありますが、さらに磨きをかけたお酒を提供してくれることと思います。

それでは皆さん、今宵は日本酒で乾杯!

参加酒造各社のお酒に関する情報が追加されました

2013.10.10. | 酒造組合

参加している各酒造会社の「おすすめ銘柄」やその特徴、そして「おススメの飲み方やお酒に合うお料理」など、さらにさらにお酒を買いたいという方へ購入できるお店の情報などが追加されましたので、是非チェックしてみてください。

各ページのメニューにあります「参加酒造」からご覧いただけます。

こちらからもご覧いただけます!

春日山神社で「まつり酒」奉納とお祓い式を開催します

2013.10.07. | 酒造組合

10月19日(土)大安吉日に、春日山神社本殿で「まつり酒」の奉納とお祓い式を挙行します。

まつり酒は毎年「SAKEまつり」のために新潟県酒造組合高田支部内の酒蔵が協力して仕込むお酒で、今年は1月24日(水)に吉川区の㈱よしかわ杜氏の郷で仕込み作業を行いました。

まつり酒の奉納とSAKEまつり関係者のお祓い式は、昨年に続き2度目の開催です。

下剋上の乱世にありながら義の心を保ち、戦場で無敵の強さを誇った上杉謙信公。
謙信公を御祭神として祀る春日山神社において、「越後・謙信SAKEまつり2013」の安全と成功、関係者の息災を祈念することと、会場で「まつり酒」をお味見・お買い求めくださる皆様が、謙信公のご遺徳を偲び、高潔な人柄と武運にあやかりますようにと願い、新潟県酒造組合高田支部関係者一同がお祓い式に臨みます。

「まつり酒2013」は1,500円(720ml)で約1,000本をSAKEまつりの会場で試飲販売予定です。

恒例の限定販売酒「まつり酒2013」が間もなく完成いたします

2013.10.07. | 酒造組合

越後・謙信まつり酒2013

今年の1月より㈱よしかわ杜氏の郷にて共同醸造されてきました「まつり酒」が10月11日のラベル張りの製品工程を以って全て完了いたします。

SAKEまつりの出店酒蔵が力を合わせ丹精込めて作り上げたまつり酒は、1,500円で約1,000本を販売する予定です。

是非、会場で試飲又はお買い求めください。

PAGE TOP↑