TOP > お知らせ > SAKEまつり限定酒「車懸(くるまがかり)」のラベル貼りを行いました

お知らせ

SAKEまつり限定酒「車懸(くるまがかり)」のラベル貼りを行いました

2019.09.30. | まつり

各蔵が協力して作業します

ラベル貼りの専用台を使って作業

一本一本心を込めてラベルを貼ります

今年の車懸担当蔵は君の井酒造

毎年、新潟県酒造組合高田支部の蔵元が持ち回りでSAKEまつりの限定酒「車懸(くるまがかり)」を仕込み、そして各蔵が協力してラベル貼りを実施しています。

今年の車懸は、妙高市の君の井酒造が仕込みを担当いたしました。

君の井酒造は1842年に創業した蔵元で、「その旨味の為に惜しみなく手を掛けること」を信念に、妙高山からの豊富で清洌な雪解け水で作られた酒米と、蔵付の乳酸菌で時間をかけて発酵させる伝統製法「山廃仕込(やまはいじこみ)」で、その時代のお客様に必要とされ記憶に残る個性ある地酒造りを目指しています。

君の井酒造で造られた今年の車懸は、新潟県妙高市産「山田錦」を使用し、SAKEまつり限定酒としては初めての山廃仕込で仕上げた純米大吟醸です。山廃ならではの確かな旨味と、奥深い味わいをお楽しみいただけます。

この日のラベル貼りでは、各蔵元の代表が集まり、一本一本丁寧にラベルを貼ってゆきました。
こちらの「車懸」は、このあと10月4日に行われる春日山神社でのお祓い式で、祭りの成功やご来場される皆さまの安全を願い、ご祈祷を受けさせていただきます。

SAKEまつりの2日間で限定1,000本の販売となるSAKEまつり限定酒「車懸(くるまがかり)」、なんと今年は先行してお味見いただけるイベントを企画いたしました。その名も「車懸の陣」。
高田周辺の飲食店様にご協力頂き、10月11日(金)より限定でお楽しみいただけます。詳しくは、SAKEまつりホームページにてご案内いたしますので、どうぞお楽しみに!

PAGE TOP↑