TOP > お知らせ > 2017年10月

お知らせ

越後・謙信SAKEまつり公式グッズ2017のページを公開

2017.10.18. | まつり

公式グッズ紹介ページのイメージ

毎年人気のSAKEまつり公式グッズが今年も販売されます。
販売される商品は、甚吉袋やおちょこストラップ、ラベル缶バッジやオリジナルてぬぐいなど人気商品がずらり勢揃いしました。

そして、今年は越後・謙信SAKEまつりの限定酒「車懸(くるまがかり)」を使用して作られた「越後・謙信SAKEまんじゅう」が新しく発売されます。

製造も、会場内にお店を構える「お菓子処かの子」が丹精を込め作り上げました。

販売する場所は、毘の陣(本町5丁目)のSAKEまつり本部前のブースです。

ぜひ、ご来場の際にはお土産にお買い求めください。

公式グッズをご覧になるには、SAKEまつりホームページの右側に『越後・謙信SAKEまつり公式グッズ』バナーからお入りください。

こちらかもご覧いただけます。

越後・謙信SAKEまつりが生中継されます

2017.10.17. | 関連イベント

あと4日後に迫りましたお祭りですが、21日(土)午前11時より上越ケーブルビジョン(JCV)様が会場の模様を生中継いたします。

会場内の各ブースの試食や試飲をリポートするほか、酒に関する知識なども紹介し、SAKEまつりの楽しみ方を伝えていただきます。

なお、生中継が放送されるエリアは上越市と妙高市、長野県長野市、長野県飯山市、島根県平田市のケーブルテレビで放送されます。

さらに、上越妙高タウン情報サイトでも同時にインターネット配信される予定です。

お時間のある方は、ぜひご覧頂きたいと思います。

それから、既にご覧になられた方もいらっしゃるかもしれませんが、上越ケーブルビジョン様では、SAKEまつりの主催者である新潟県酒造組合高田支部の日本酒14蔵元を訪問し、取材されたビデオが上越ケーブルビジョン様の地域情報サイト(上越妙高タウン情報)に掲載されています。

ビデオでは、各蔵元の様子やお酒の紹介とSAKEまつりに出展する銘柄が紹介されています。
SAKEまつりのお出掛け前情報としては見逃せない内容です。

こちらから上越タウン情報サイトの日本酒14蔵元のビデオがご覧いただけます。

放送に関するお問い合わせは、上越ケーブルビジョン様まで。
アドレスは、http://www.jcv.co.jp/です。

今年の加賀の井酒造はグッズ販売のみ!

2017.10.17. | まつり

糸魚川市の加賀の井酒造は、諸事情により今年はグッズ販売のみとなりました。

試飲を楽しみにされていた皆様には大変ご迷惑をお掛けいたしますが、ご了承願います。

販売する場所は、天の陣エリア(本町4丁目)でイレブンプラザ前の糸魚川蔵元ブースになります。
ぜひお越しください。

祭りの安全を祈念しお祓い式を開催しました

2017.10.16. | まつり

厳粛に執り行われたお祓い式

車懸を奉納いたしました

おもてなし武将隊も同席していただきました

10月14日(土)に、上杉謙信公ゆかりの地である春日山の春日神社で、越後・謙信SAKEまつりの安全と成功などを祈念し、今年の「車懸(くるまがかり)」の奉納とお祓い式が執り行われました。

今年の車懸(くるまがかり)は、新潟第一酒造が仕込みを担当しアルコール度数は13%と少し低めにして、雪室でじっくりと熟成させ特別純米酒として仕上げられました。
日本酒が苦手な方でも楽しんでいただけると思います。

SAKEまつりの当日に販売する「車懸(くるまがかり)」は、800本限定となります。

販売価格は、1本(720ml入り)1,800円(税込)です。
ぜひお買い求めください。

試飲や販売する場所は、天の陣エリア(本町4丁目)のイレブンプラザ前の酒造組合企画コーナーになります。

なお、本数限定のため売り切れの場合には、何卒ご容赦くださいませ。

出展情報を掲載しました

2017.10.12. | まつり

昨年の様子です(1)

昨年の様子です(2)

大変お待たせしておりました、今年の出展者情報のページを更新いたしました。
今年は、試飲ブースが22蔵、食のブースが62件、グッズ販売ブースが5件、PRブースが1件と多くのブースが出展いたします。

なお、糸魚川市の加賀の井酒造様は、他の蔵元と同様に試飲を行う予定でしたが、諸事情によりましてグッズ販売となります。

試飲を心待ちにしていらっしゃった方には誠の申し訳ございませんが、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。

詳しくは、画面上の「出展情報」のボタンをクリックしていただくか、こちらからもご覧いただけます。

大好評!の蔵元角打ちが明日(13日)も開催! ※終了

2017.10.12. | 関連イベント

村山上越市長様もご来店

たくさん取り揃えられた大吟醸酒

お陰様で大盛況!

先週の6日(金)に行われました蔵元角打ちは、午後5時の開店とともに大勢のお客様にご来店いただき、各蔵元の自慢の大吟醸酒を心行くまでお楽しみいただきました。

来店者からは「これだけの種類の大吟醸酒を飲み比べができるのは滅多にないこと」とご好評をいただきました。

なお、この日は村山上越市長にも駆け付けていただき「仕事帰りに気軽に立ち寄れる雰囲気と街中に賑わいが感じられるのがとても良い」などと、大変嬉しい評価をいただきました。

前日より、蔵元の若手衆が準備をして迎えた角打ち初日は大盛況のうちに終了いたしました。

いよいよ明日(13日)に、第2回目が開催されます。
2回目の目玉は何といっても「若手蔵のマル秘酒」です。
「マル秘」とは何か?非常に興味を持ちますが、当日まではマル秘!とのことですので、ぜひお出掛けになってマル秘を暴いていただきたいと思います。

営業時間は、午後5時から午後9時まで。
場所は、上越市本町3丁目の旧第四銀行高田支店の隣にある、君の井酒造高田支店が会場です。

角打ちで軽く一杯ひっかけて、ゆっくりと仲町の夜を楽しんでは如何でしょうか。

蔵元若手衆が皆さまのご来店を心よりお待ちしております!

SAKEまつり限定酒「車懸」が完成

2017.10.05. | まつり

一本一本に心を込めてラベル張りをする

各蔵が協力して作業

今年の試飲グラス(お猪口)

毎年、新潟県酒造組合高田支部の蔵元が持ち回りでSAKEまつりの限定酒「車懸(くるまがかり)」を仕込み、そして各蔵が協力してラベル貼りを実施しています。

今年は、上越市浦川原区にある新潟第一酒造が仕込みを担当いたしました。

新潟第一酒造は、今年の春から9月まで上越市安塚区にある雪室で低温熟成させ、酒雪中貯蔵無ろ過原酒「車懸」として醸造いたしました。
瓶詰めが終わったばかりの酒瓶に各蔵元の代表が集まり、一本一本丁寧にラベルが貼られました。

今年の「車懸」は約1200本が製造され、このあと10月14日に行われる春日神社でのお祓い式で、祭りの成功や来場される皆さまの安全を願い、ご祈祷を受けさせていただく予定です。

そして、今年の試飲グラス(お猪口)も完成いたしました。
今年のお猪口は赤を基調にしたデザインで、車懸のラベルに使用されている馬上の上杉謙信公のシルエットもお猪口の中に描かれています。

お祭りの当日の販売になりますので、よろしくお願いいたします。

PAGE TOP↑