TOP > お知らせ > SAKEまつり限定酒「車懸」が完成

お知らせ

SAKEまつり限定酒「車懸」が完成

2017.10.05. | まつり

一本一本に心を込めてラベル張りをする

各蔵が協力して作業

今年の試飲グラス(お猪口)

毎年、新潟県酒造組合高田支部の蔵元が持ち回りでSAKEまつりの限定酒「車懸(くるまがかり)」を仕込み、そして各蔵が協力してラベル貼りを実施しています。

今年は、上越市浦川原区にある新潟第一酒造が仕込みを担当いたしました。

新潟第一酒造は、今年の春から9月まで上越市安塚区にある雪室で低温熟成させ、酒雪中貯蔵無ろ過原酒「車懸」として醸造いたしました。
瓶詰めが終わったばかりの酒瓶に各蔵元の代表が集まり、一本一本丁寧にラベルが貼られました。

今年の「車懸」は約1200本が製造され、このあと10月14日に行われる春日神社でのお祓い式で、祭りの成功や来場される皆さまの安全を願い、ご祈祷を受けさせていただく予定です。

そして、今年の試飲グラス(お猪口)も完成いたしました。
今年のお猪口は赤を基調にしたデザインで、車懸のラベルに使用されている馬上の上杉謙信公のシルエットもお猪口の中に描かれています。

お祭りの当日の販売になりますので、よろしくお願いいたします。

PAGE TOP↑